医療人へのとびら

佐賀大学では,継続・育成型の高大連携活動(とびらプロジェクト)として,「教師へのとびら」,「科学へのとびら」を実施してきました。これにつづき,将来,医師を目指す高校生を対象とした「医療人へのとびら」を開始します。高校3年間にわたり,継続的にプログラムに参加することで,自らの進路を見つめ直し,大学での積極的な学びに繋げることを期待しています。

ポイント

  • 各プログラムは,講話や体験学習,グループ討論などを含んだメニューで構成されます。
  • 各回とも,目標設定,振り返りの時間を設け,学びの記録をポートフォリオとして整理します。
  • 全プログラムに出席し,ポートフォリオ*を作成した者には修了証を授与します。(出席回数に関わりなく,参加者全員に,受講証明書を発行します)
  • 参加希望者が多い場合は,選考を行うことがあります。
  • 本プログラムの参加実績が,本学の入試において有利になるわけではありません。

参加資格

  • 佐賀県内にある高等学校の1年生
  • 医学への志を持ち,医学・医療により社会に貢献したいと考える人
  • 熱意を持って本プログラムへ参加したいと考える人
  • 欠席することなく継続的に参加できる人

これまでの報道等

  • 「救命センター長が講話」(佐賀新聞 2017年8月9日付)