特色加点制度の開発・実施

「特色加点制度」とは,志願者の積極性の向上と高等学校入学以降の主体的な活動を喚起することを目的とした佐賀大学独自の制度です。センター試験,個別学力検査などの合計点(以下,「当初配点」という。)とは別に,志願者のこれまでの主体的な活動や実績を軸にして,アドミッション・ポリシーとの整合性の観点から評価します。志願者の申請を原則とし,申請がなければ当初配点のみで合否判定を行います。
 

申請のポイント

● まずは「申請すること」を推奨します
申請する活動・実績は,高等学校入学以降に取り組んだ主体的な活動や実績であれば何でも構いません。想定される活動実績としては,研究活動(探究型学習,課題研究,各種教育プログラムなど),課外活動(部活動や生徒会活動など),学校行事における役割分担、社会活動(ボランティア,地域活動など),資格・検定取得,コンテスト等の実績,海外留学経験,その他主体的な活動であるなら分野を問いません。

● アドミッション・ポリシーや入学後の学習について理解してください
アドミッション・ポリシーや入学後の学習を意識した申請内容にすることが重要です。ただし,狭く捉える必要はありません。

● 申請しなくても減点にはなりません
申請は任意です。申請しない場合,減点も加点もしません。また申請する場合は複数ではなく、これをこそ評価して欲しいという一つの活動実績を提出してください。

● 文章の巧拙よりも強いエビデンスがあったが有効です
文章の巧拙を評価するのではありません。申請内容が事実であることを十分に裏付けるエビデンスを提出することが有効です。

 

評価のポイント

● 活動実績自体の優秀性だけを評価するわけではありません。
「申請する活動・実績を通して身に付けた能力・スキルや経験などが,大学入学後の学習や活動に,どのように活かせるか」といった記述内容も含め,「専門分野に対する強い興味・関心及び主体的に学び続けようとする意欲と態度」,「自ら学びを深めようとする行動や姿勢を通して,本学部の教育・研究活動を活性化できる可能性」の観点からも合わせて総合的に評価します。

● 当初配点による合否分岐層(ボーダー層)の受験者が,特色加点評価の評価対象者になります。
詳細は,学生募集要項等をご確認ください。

 

導入学部

学  部 入試区分
芸術地域デザイン学部 AO入試Ⅰ
経済学部 推薦入試Ⅰ
理工学部 一般入試(前期日程・後期日程)
農学部 一般入試(前期日程・後期日程)

 

報告・発表等

 

 

報道・記事・書籍等での紹介

  1. 志願者の主体的な活動に加点する『特色加点制度』」(Guideline 7・8月号)、2018、pp.7-9.
  2. 佐賀大の入試改革<下>2019年度一般入試で主体的な活動・実績を評価」(Between 情報サイト)、2018年1月25日掲載.