特色加点制度の開発・実施

「特色加点制度」とは,志願者の積極性の向上と高等学校入学以降の主体的な活動を喚起することを目的とした佐賀大学独自の制度です。センター試験,個別学力検査などの合計点(以下,「当初配点」という。)とは別に,志願者のこれまでの主体的な活動や実績を軸にして,アドミッション・ポリシーとの整合性の観点から評価します。志願者の申請を原則とし,申請がなければ当初配点のみで合否判定を行います。

特色加点制度のポイント

● まずは「申請すること」を推奨します
申請する活動・実績は,高等学校入学以降に取り組んだ主体的な活動や実績であれば何でも構いません(過年度卒業者は卒業後の取り組みでも可)。未申請の場合は加点されないため,少しでも合格可能性を高めるのであれば申請することを推奨します。想定される活動実績としては,研究活動(探究型学習,課題研究,各種教育プログラムなど),課外活動(部活動や生徒会活動など),学校行事における役割分担,社会活動(ボランティア,地域活動など),資格・検定取得,コンテスト等の実績,海外留学経験,その他主体的な活動であるなら分野を問いません。

● 2つの評価観点に基づいて総合的・定性的に評価します
一般入試の特色加点制度では,「専門分野に対する強い興味・関心及び主体的に学び続けようとする意欲と態度」,「自ら学びを深めようとする行動や姿勢を通して,本学部の教育・研究活動を活性化できる可能性」という2つの観点から総合的・定性的に評価します。様々な活動実績の申請がある中で,スポーツの全国大会〇位と英語の資格試験〇級などを比較して評価するわけではありません。ただし,特別入試(推薦入試やAO入試)の特色加点制度については各学部の評価基準を確認してください。

● アドミッション・ポリシーや入学後の学習との繋がりを意識して申請書を作成してください。
志望学部のアドミッション・ポリシーや入学後の学習を意識した申請内容にすることが重要です。申請する活動実績を通して身に付けた能力・スキルや経験などが,大学入学後の学習や活動に,どのように活かせるかについて具体的に書きましょう。なお,アドミッション・ポリシーや入学後の学習との繋がりがまったく見えない申請については加点の対象になりません。

● 文章の巧拙ではなく,申請内容の説得的が増す根拠資料や参考資料を提出することが有効です
文章の巧拙を評価するわけではありません。申請内容の信憑性を裏付ける根拠資料や参考資料を提出することが有効です(提出は任意)。これらの資料は電子ファイルやURL(動画の場合)で提出できます。なお,電子ファイル等で提出した出願書類等は,入学後に原本確認する場合があります。虚偽の申請,不正等の事実が判明した場合は,入学許可を取消すことがあります。

● 申請しなくても減点にはなりません
申請は任意です。未申請者に対して,「主体性がない」といった理由で減点することはありません。もちろん,加点もされません。

● 理工学部の一般入試では,当初配点による合否分岐層(ボーダー層)の受験者が,特色加点評価の評価対象者になります。農学部の一般入試では,申請者全員の採点を行います。
詳細は,学生募集要項等をご確認ください。

 

導入学部

学  部 入試区分
芸術地域デザイン学部 AO入試Ⅰ
経済学部 推薦入試Ⅰ
理工学部 一般入試(前期日程・後期日程)
農学部 一般入試(前期日程・後期日程)

 

報告・発表等

  1. 一般入試における『主体性等』評価に向けた評価支援システムの開発」(大学入試研究ジャーナル No.29)、2019年3月発行、pp.1-6.

 

報道・記事・書籍等での紹介

  1. 佐賀大学の「特色加点制度」が(教育の森コーナー)にて紹介(毎日新聞)、2020年5月18日 全国版朝刊掲載.
  2. 変わる高校教育 合格ボーダー層を評価対象とした独自の『特色加点制度』を導入 活動実績と入学後の『学びとのマッチングを重視」(河合塾/Guideline10月号)、2019年10月1日発行、pp.10-13.
  3. 変わる大学入試2020『主体性』合格ボーダー層に絞り評価 本人文書・資料もとに加点(佐賀大学)」(朝日新聞)、2019年9月30日掲載.
  4. 佐賀大の入試改革<下>2019年度一般入試で主体的な活動・実績を評価」(Between 情報サイト)、2018年1月25日掲載.
  5. 志願者の主体的な活動に加点する『特色加点制度』」(河合塾/Guideline7・8月号)、2018、pp.7-9.