Faculty of Medicine

医学部

写真:相浦 章吾
医学科 相浦 章吾 福岡県 八女高等学校出身

高度な知識と技術を身に付け、
多くの人々を救う医療人へ。

医学部は、四半世紀におよんだ旧佐賀医科大学の建学の精神と伝統を受け継ぎ、「医学部に課せられた教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することによって、社会の要請に応え得るよい医療人を育成し、もって医学・看護学の発展ならびに地域包括医療の向上に寄与する」ことを基本理念としています。そして、時代にマッチした斬新な教育方法を取り入れ、豊かな感性と高度な専門知識と専門技術を兼ね備えた良き医療職者を育成することを目標として教育を行っています。また、医療に関する単なる知識や技術を学ぶのみでなく、医療職者に求められる広い視野からの問題解決能力と、病める人が心の奥に持つ悩みや苦しみを共感できる心を育てます。

教育目標

【教育目的と入学後の学習に必要な能力や適性等】
医学部は、教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することによって、社会の要請に応えうる良き医療人を育成し、もって医学・看護学の発展並びに地域包括医療の向上に寄与することを基本理念とします。

在学生インタビュー

写真:才田 正義

地域医療を実践的に学び、
臨床と研究を両立できる医師を目指します。

病気によって不自由が生じている人のために何かしたい、そして人のために役立つことで自分自身がずっと努力し続けることができると思い、医療分野に進みました。佐賀大学を選んだのは、地域医療に力を入れていることに惹かれたからですが、入学後に先輩から「本学は実習を重視している」と聞き、改めて良かったと思っています。現在は、実習に参加する資格を取得するための試験「CBT」の勉強として、基礎医学や臨床医学の復習に励んでいます。将来については模索中ですが、内科系に興味があります。また臨床と研究の両方に携わる医師の方を見て、分野に限らず、自分もそのように両立できる医師になりたいと思うようになりました。

医学科
江田 皓哉 福岡県 筑紫丘高等学校出身

写真:江田 皓哉

インタビュー動画も
ご覧いただけます

医学科

6年間の一貫教育です。実践的な学習を重視し、臨床医学教育を低学年から導入するとともに、PBL(問題解決型学習:ProblemBased Learning)による教育を実施しています。5年次からの臨床実習は、附属病院の他に学外臨床実習病院でも実施しています。「自己学習・自己評価」をモットーとしており、チューター(指導教員)制度による学修・生活指導を行っています。

看護学科

看護師教育を基盤に保健師教育や助産師教育を選択し学習する教育が行われています。1年次より始まる実習教育を重視しており、基礎看護学実習のほか病院などで実施する臨床看護実習と地域における看護を一つにした「臨地実習」を実施しています。「自己学習・自己評価」をモットーとしており、チューター(指導教員)制度による学修・生活指導を行っています。

さがつくポイント

医療現場での経験を
数多く積み、
誠実なよい医療人を育成

01グループ学習・自己学習で
自ら考える力を身に付ける

医療の現場で活躍できる人材を育てるために、医学科・看護学科では自ら考える力や行動する力を身に付けるための独自カリキュラムを実施しています。少人数でのグループワークやグループ討論を行いながら、チューターがきめ細かくフォローを行い、現場に出た際に即戦力となれる実力を身に付けます。

チューター制度とは
チューター(指導教員)といわれる教員が一人ひとりの学生に付くことで、学習や生活での悩み、進路相談などついてきめ細かくアドバイス。質問や相談がしやすい環境を整え、より深い学びをサポートします。

医学科

ハワイ大学のカリキュラムをもとに佐賀大学が独自に作り上げた、シナリオからディスカッションで解決策を導くPBLやCBLなどのカリキュラムを取り入れています。患者の症例から病名を予測し治療法を導くという医療現場に近い流れを経験しながら知識を深め、自ら情報を整理して診断・治療法にたどり着くプロセスを学びます。

◎PBL(Problem-based Learning)
問題基盤型学習
  1. 問題事例の提示

    学生に問題点を自ら見つけてもらうきっかけとなる事例・課題を提示します。

  2. グループ討論

    7〜8人の少人数グループを作り、与えられた事例・課題文より症例を検討し、学習の課題を抽出します。

  3. 自己学習

    グループによる課題を各自が参考書・文献・教科書・インターネットなどを使い自己学習します。

  4. グループ討論

    各自が学習してきた事例を他メンバーが学習した内容と突き合わせてディスカッションし問題を解決します。

◎CBL(Case-based Lecture)
症例基盤型講義

PBLより、応用課題のみの実施に特化した形がCBLです。症例の事前配布・テーマの提示による予習を前提とし、コンパクトな症例シナリオを多数使用。少数の専門チューターが全体を指導しながら、症例を検討して解決へと導きます。また、学生に自己学習を促し、自己指導型学習を強化します。

  1. 課題を提示する
  2. 課題に基づき事前の自己学習
  3. グループ討論・全体討論

看護学科

看護師教育を基盤に助産師・保健師教育に選抜制を採用。600床以上の大規模な附属病院で実践的な実習を行い、医学科とも連携できる充実した教育研究環境を整えています。

  • 少人数のグループワーク

    グループワークや演習により考える力や探求する力を養います。自分の考えを明確に表現する姿勢や、他者の考えを理解する力を身に付けます。

  • 対面式の個別指導・
    フォローアップ体制

    課題学習に対する対面式個別指導を実施。講義や課題、試験などの個人の学習到達度に応じて、きめ細かにフォローを行います。

  • 看護技術修得の環境を整備

    1年次の早期体験実習、2年次の基礎看護実習、3年次の臨地実習、4年次の在宅・統合実習など実技の経験を積み、確かな技術を修得します。

02実習を重点的に行い、
現場で活躍できる医療人を育成

佐賀大学では実習を重視しており、卒業してすぐに社会で役立てる医療人の育成を行っています。
看護学科では1年次から実習を、医学科では5~6年次は臨床を重点的に行い、卒業後すぐに活躍できる力を育てます。

[医学科の実習教育プログラム]

医学科では1年次から医療入門や早期体験学習を導入して、早くから医師としての心構えをしっかりと身に付けるためのカリキュラムを組んでいます。臨床実習では先輩の教員、医員および看護師等と共にチームの一員として患者に接し、PBL等で培った「課題発見・問題解決」能力を有効に応用する経験を積みます。

PDFでご覧いただけます

[看護学科の実習教育プログラム]

1年次から4年次まで、病棟で実習を行う臨地実習を取り入れ、基礎から在宅看護までを実際に体験しながら学びます。地域における保健・医療・福祉の関わりや、現在起きている課題に関心・理解を持つことで、解決に必要な情報を収集・分析・整理し、科学的・論理的な思考で課題を解決する力を身に付けます。

PDFでご覧いただけます

03地域の課題に目を向け、
患者に寄り添う
誠実な医療人としての志を育む

佐賀大学は佐賀県の中で唯一医師を育成しているため、佐賀県と近隣の地域の医療を担っています。そのため、地域の救急や在宅など現在の課題に目を向け、地域の人々に貢献する患者に寄り添える誠実な医療人を育てます。

施設紹介

看護実習室

看護実習室

病室と同じ仕様でベッドやベッド周辺の物品を揃えています。ここで4人ずつのグループとなり、学生同士で看護師役・患者役などを務めながら看護技術を身に付けます。

大講義室

大講義室

最大162名収容可能な講義室で、主に看護学科の授業を行う他、講演なども行われます。また、授業のない時間帯は開放され、学生の自習スペースにもなっています。

コンピューター実習室

コンピューター実習室

鍋島キャンパスには、教育システム端末130台とプリンタ7台が設置されたコンピューター実習室があり、医学部の授業やCBT試験で利用します。

PBL学習室

PBL学習室

学生を1グループ7~8人程度の少人数に分け、提示された課題に対しディスカッションを行う部屋です。自ら問題点を見つけ、解決法を探る新しい勉強法です。

OB・OGインタビュー

佐賀県医療センター好生館
                    消化器外科 勤務
                    木村 直也さん
                    2016年3月卒業

佐賀大学医学部附属病院
一般・消化器外科 勤務
木村 直也さん
2016年3月卒業

[業務内容]
佐賀県民に健康と生き甲斐を与えるために、最新の医学と医療を提供し、常に自ら新しい医学・医療を研究し続けている。

私を医者にしてくれた佐賀大学。
そんな佐賀に貢献ができる外科医になりたい。

現在は佐賀大学医学部附属病院の一般・消化器外科で、消化器、肝胆膵領域の手術を行っています。術者や助手として手術に参加し、その後は患者さんの全身管理を行い、退院までの治療を行います。チーム医療の現場では、さまざまな職種の方と協働することが求められます。大学生活の中で医学的な知識はもちろんですが、部活動や課外活動を通し、多くの方々とコミュニケーションを取れたことが、今の現場で生かされているなと感じています。佐賀大学では多くの研究や臨床の現場で活躍されている先生方の講義を受けることができるので、とても恵まれた環境でした。今は、目の前の仕事や役目をひとつずつ丁寧に行い、将来は微力ながらも佐賀県のみなさんに貢献できるような外科医になりたいです。

先輩からのアドバイス

進路が決まっている人、まだ迷っている人、さまざまな学生さんがいると思います。佐賀県は決して都会とは言えないのどかな街ですが、勉学に打ち込み、部活動や課外活動に没頭し、そして仲間と濃い時間を過ごすには最適なロケーションだと思います。そんな環境で過ごした学生生活の先に、素晴らしい将来が見えていることを祈っています。