Faculty of Art and Regional Design

芸術地域
デザイン学部

写真:丹澤 小雪
芸術地域デザイン学科 芸術表現コース 丹澤 小雪 大阪府 港南造形高等学校出身(有田キャンパスにて)

地域と伝統を知り、未来をあなたらしく表現する。

芸術地域デザイン学部では、芸術を通して地域創生に貢献する人材の養成を行います。本学部における芸術とは、作品の制作やモノのデザインのことだけを指すわけではなく、美術館や博物館における専門的な仕事や文化財の保護と展示も芸術の範ちゅうに含まれると考えます。現代では、まちづくりや地域おこしを行う自治体、マスコミ・TV局、企業、販売、観光などの場面や職種で、芸術的な視点が求められます。本学部ではそのような場で必要とされる芸術的な手法や感性を磨けます。つまり人やモノを芸術や芸術的な手法によってつなぎ、地域の活性化や国際化などに貢献する人材を育成します。また、作家、デザイナー、そして教員を志望する人への教育も熱心に行います。本学部で学べる専門分野は、芸術の表現や理論はもちろんですが、歴史、国際関係、考古学、地理学、都市デザイン、異文化コミュニケーションなど人文科学、社会科学の各分野にわたっています。

教育目標

【教育目的と入学後の学習に必要な能力や適性等】
芸術地域デザイン学部は、創造性や高い技能を持ち、新しい芸術表現を実現できる人材、また、地域が有する問題や状況に芸術を手段として柔軟に対応し、芸術を社会に紹介したり、芸術で社会を活性化したりできる人材の養成を目的とします。

在学生インタビュー

写真:益田 祐輔

次世代コンテンツ作りの団体を立ち上げて
新しい表現やパフォーマンスを開発中です。

工学系と映像系、2つの分野を学びたくて進路を検討している時に、理系の知識を生かしながら映像分野を学べる佐賀大学の芸術地域デザイン学科を知り、入学を決めました。実写映像はもちろん、XRコンテンツ(仮想空間技術)やモーションキャプチャーを活用したインタラクティブ(双方向)なコンテンツを学んでいますが、これらはデザインの知識に加えて理系の知識も必要なので、それも同時に学んでいます。また現在、次世代コンテンツの研究・制作・開発を目的としたN-projectという団体を立ち上げて、活動しています。これまでになかった表現やパフォーマンス等、人々を豊かにするようなコンテンツ作りを行っていきたいです。

芸術地域デザイン学科 地域デザインコース
益田 祐輔 長崎県 大村高等学校出身

写真:益田 祐輔

インタビュー動画も
ご覧いただけます

芸術表現コース

絵画、彫刻、工芸、デザインについて、基礎的な内容から、オリジナルの表現へと繋がる応用的な内容まで、段階的に専門性を深めることができるカリキュラムが組まれています。また、作品を発表する上で必要になる経済・経営の知識や、地域での活動を通して社会におけるアートの在り方などを学ぶことができます。

地域デザインコース

「地域コンテンツデザイン分野」では、地域の文化資源に関わるコンテンツをデザインできる人材を育成します。「キュレーション分野」では、芸術のみならず経営や科学の知識を持った学芸員を養成します。「フィールドデザイン分野」では、地理学、都市デザイン、文化財保護などの知識を生かし、まちづくりや地域創生の担い手を育成します。

さがつくポイント

地域を知り、芸術でつながる
作品や企画を世界に向けて発信

01多彩な表現が学べるカリキュラム

1年次は芸術表現と地域デザインの分野を超えたクロス型学習に学生全員で取り組みます。芸術に関わることを幅広く学び、芸術的感性を持つマネジメント人材、マネジメントを理解できる表現者を育てます。2年次より専門分野の実習科目を学びの柱にしていきます。3年次には専門分野を深めながら、有田キャンパスプロジェクトや国内外海外研修などで、地域社会の中でより実践的なことを行い、専門分野を社会の中に生かす力を養います。

PDFでご覧いただけます

02有田キャンパスから世界へ
世界から有田キャンパスへ

日本の磁器発祥の地で陶磁器文化を学ぶ有田キャンパスでは、長く窯業に携わってきた人間国宝の客員教授を迎え、陶磁器の歴史と培われてきた技術に直に触れながら学ぶことができます。また、海外留学生も積極的に受け入れて、共に学び、グローバルな視点で地域と歴史を理解して陶磁器文化を創造することで、焼き物産業の未来を開拓していける人材を育てます。

03地域創生の実践−
表現から文化財の保存

地域にある資源をどのように活用すれば地域創生につながるのかを、実際にフィールドワークを行って研究していきます。地域の協力を得て、地域資源を生かした企画を展開し、それらの活動を情報発信する手法も学びます。また、存在を世間に伝えて文化財として保存していく活動など、芸術的観点からの地域創生のための活動を行います。

地域創生フィールドワーク

学生がチームを組み、地域の地理や文化・芸術資源を継続的に調査し、フィールドワークの能力を育成します。

  • 維新まつり

    未来への希望の“灯り”をテーマとした「灯りの空間演出」を担当。

  • 久留米市美術館

    毎年行われているアートフェスティバルに参加し、作品を制作、展示。

  • 合格ようかん

    小城羊羹で評判の桜月堂と大学がコラボした、受験生向けの羊羹を商品化。

  • 枝梅酒造

    明治からある旧枝梅酒造の建物を使った企画展で地域創生を提案。

  • ライフサポートはる

    佐賀市・ライフサポートはると連携したアートプログラムの企画、運営。

04芸術で世界をひらく

ドイツのハレ・ブルク・ギービヒェンシュタイン芸術デザイン大学やオランダのアイントホーフェンデザインアカデミーと交換留学を行っています。海外の陶磁器生産技術やプロダクトデザインに触れ、互いの表現活動や研究活動について議論し、グローバルな視点を養います。加えて、アルメニア・リトアニア・イタリア・インドネシアなどとも学術・文化交流を実施。交換留学生を受け入れているSPACE-ARITAプログラムでは、交換留学生が陶磁器による表現を学んでいます。

■作品紹介

『luxuria』

素材:パネルに綿布、ジェッソ地、蜜蝋、油絵具

古賀 奏惠

福岡県 伝習館高等学校出身

『時節』

素材:綿布、ポリエステル布

松本 みなみ

福岡県 筑紫高等学校出身

『chewing gum』

素材:ショートフィルム、HD、16:9、2ch

佐藤 徹平

福岡県 福岡工業大学附属城東高等学校出身

『individuality』

素材:土

太田 龍雅

長崎県 波佐見高等学校出身

施設紹介

白磁ロクロ室

白磁ロクロ室
(有田キャンパス)

磁器用の白い磁土を使用し、食器や花瓶などの水挽ロクロ成形や石膏型を利用した機械ロクロによる器作りを行います。

石膏型製作室

石膏型製作室
(有田キャンパス)

陶磁器を制作するための石膏原型や量産用の使用型・ケース型など、やきものを作るための石膏型作りを行います。

西洋画教室

西洋画教室

油絵を中心とした西洋画の制作を行います。大作を立てかけて制作できる可動式のパーテーションや、額縁を作る設備があります。

彫塑室

彫塑室

塑造による立体制作を行います。粘土で造形し、石膏で型取りするための設備が揃っています。

OB・OGインタビュー

米谷 典子さん

株式会社スチームシップ
地域デザイン部 勤務
米谷 典子さん
文化教育学部 美術・工芸課程 2015年3月卒業

[業務内容]
地域に眠っている『宝』を全国に発信し、地域の経済を豊かにするためのさまざまな業務を行っている。

大学4年間でのさまざまな経験の中から、
本当にやりたいことを見つけられました。

株式会社スチームシップは「地方の会社でもできるのではなく、地方の会社だからできる」をコンセプトに、地域密着型で地域に眠っている『宝』を探す業務を行っています。現在は、ふるさと納税の支援事業を中心に、システム管理や事務代行、返礼品事業者サポートなどの業務全般を行っており、私はその中でwebデザインやカタログなどのデザイン業務を担当しています。大学時代はやりたいことが決まっていなかったのですが、デザインや映像制作、イベント企画などさまざまなことに挑戦する中で、デザインのおもしろさや楽しさを実感し、現在の仕事に就くことができました。大学生活の中で、アートイベントや展覧会の企画など、メンバーと協力しながらひとつのものを作り上げたことは、一番の思い出です。これからデザインのスキルアップはもちろん、チームの管理能力も養っていき、信頼されるデザイナーになれるようがんばります。

先輩からのアドバイス

大学受験に臨む際は、大学に入ってやりたいことなど目標を持っておくと良いと思います。長い受験期間は苦しいときもあるかもしれませんが、目標があればモチベーションを落とすことなく受験勉強を続けることができるからです。大学生活はこれまで経験したことがない時間がたくさんあり、とても素晴らしいものです。皆でひとつの目標に向かって突き進むという、かけがえのない思い出も作れます。がんばってくださいね。