在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

求める学生像  農学部

お気に入りリストに追加

 

農学部は,農学及び関連する学問領域において,多様な社会的要請にこたえうる幅広い素養と実行力を身に付けた人材を育成することを目的とします。各学科の目的と求める学生像は以下の通りです。

応用生物科学科

応用生物科学科では,生物の特性を理解し,生物の改良や活用を通して,社会に貢献できる人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
① 多様な動植物の生理生態的特性の解明,バイオテクノロジーを用いた有用生物資源の開発・利用,有用動植物を加害する病害虫の制御等についての理解と関心がある人
② 問題解決に向けて,粘り強く自己研鑽に努める熱意と実行力がある人
③ 本学科で学んだことを活かして社会で活躍したいという目的意識と向上心がある人

●応用生物科学科で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み

生物に対する興味があり,生物の機能また生物が生育する環境について学習するための基礎学力として,高等学校で履修する理科や数学の基本事項を理解していることが必要です。また,講義を理解し,レポート等を作成・発表するためには,様々な文献を読み,文書を作成するという国語力が必要になるだけでなく,社会の仕組みや地理・歴史といった高等学校の教科書レベルの一般常識も求められます。さらに,専門的な知識や技術を得るためには,海外の文献にも目を通す必要があるため,高等学校の教科書レベルの英語の読解力が不可欠です。農学は,実験や調査活動を自主的にかつ継続的に行なうことが重要です。また,その課題はグローバルな問題が多くあります。従って,自然科学全般に対する知識欲と,勉強を続けるための目的意識を持つこと,さらに,教員,先輩,友人,留学生等とコミュニケーションがとれる積極性が必要です。

生物環境科学科

生物環境科学科では,3つのコースにおいて次のような人材を育成します。生物環境保全学コースでは,地球上の環境や生態系を深く理解し,これらの保全,再生及び活用を通して,社会に貢献できる人材を育成します。資源循環生産学コースでは,生物科学及び生産情報科学の理論と技術を学び,環境に配慮した食糧生産と環境問題の解決に貢献できる人材を育成します。地域社会開発学コースでは,フィールドワークに基づく教育研究を通して,日本を含むアジア・太平洋諸地域における,持続可能な循環型地域社会の構築に貢献できる人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
① 自然環境,社会環境及び生物生産環境の保全と修復に興味を持つ人
② 永続的な農業を可能にする新たな生物生産システム及び経済社会システムの創造に意欲がある人
③ 本学科で学んだことを活かして社会で活躍したいという目的意識と向上心がある人

●生物環境科学科で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み

人間を含む生物やそれを取り巻く環境及び人間社会に対する興味があり,これらを総合的に学習するための基礎学力として,高等学校で履修する理科や数学の基本事項を理解していることが必要です。また,講義を理解し,レポート等を作成・発表するためには,様々な文献を読み,文書を作成するという国語力が必要になるだけでなく,社会の仕組みや地理・歴史,文化といった高等学校の教科書レベルの一般常識も求められます。さらに,専門的な知識や技術を得るためには,海外の文献にも目を通す必要があるため,高等学校の教科書レベルの英語の読解力が不可欠です。農学の課題にはグローバルな問題が多くあり,それを解決する糸口を得るため,実験や調査活動を自主的にかつ継続的に行なうことが重要です。従って,自然科学全般に対する知識欲と,勉強を続けるための目的意識を持つこと,さらに,教員,先輩,友人また留学生等とコミュニケーションがとれる積極性が望まれます。

生命機能科学科

生命機能科学科では,科学的思考力を備え,生命科学技術の応用を通して,食と健康の分野において社会に貢献できる人材を育成します。そのために,以下に示すような学生を求めています。
① 生体における遺伝子の発現や物質代謝とそれらの調節機構を分子レベルで理解するライフサイエンス,食品の生体調節機能,栄養機能や安全性等に興味を持っている人
② 将来,本学科で学んだ知識や技術を社会で活かそうと考えている人

●生命機能科学科で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み

生命現象に対する科学的興味があり,微生物から高等生物までの生命体が持つ機能について学習するための基礎学力として,高等学校で履修する理科や数学の基本事項を理解していることが必要です。また,講義を理解し,レポート等を作成・発表するためには,様々な文献を読み,文書を作成するという国語力が必要になるだけでなく,社会の仕組みや地理・歴史,文化といった高等学校の教科書レベルの一般常識も求められます。さらに,専門的な知識や技術を得るためには,海外の文献にも目を通す必要があるため,高等学校の教科書レベルの英語の読解力が不可欠です。農学は,実験や調査活動を自主的にかつ継続的に行なうことが重要です。また,その課題はグローバルな問題が多くあります。従って,自然科学全般に対する知識欲と,勉強を続けるための目的意識を持つこと,さらに,教員,先輩,友人また留学生等とコミュニケーションがとれる積極性が必要です。

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
教員総覧データベース
研究室訪問
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
佐賀大学アプリ
社会貢献・国際交流
産学・地域連携機構
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
佐賀大学を知るための情報源

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University